hibi-paris

音楽と都市

プロジェの先生に会いに行ったら、居るって言っていた時間に居なかった。あぁ。

せっかく大学まで来たので、ついでにラヴィレット公園を散歩した。
この公園は、もっと何も無くていいのではないかと思った。
点としてのフォリーと、線としての東西南北への抜け、面としての庭園というそれぞれのレイヤーを
重ね合わせて、行為を誘発する、というのはいかにも21世紀的で面白そうなのだが、
実際は、まとまりが無く、異様な赤いフォリーがちらちら視界に入り、
感動的な景色も無ければ、かといってフォトモンタージュのようなアヴァンギャルドさも無い。

もっと、それぞれの「行為のための場」が主張しすぎずに共存できるように、
それぞれのレイヤーの色を薄くして、なじませた方が良かったのではないか。
全体として、庭園の色を背景にして、そこに薄くジョギングコースを被せる。
フォリーのグリッドの間隔と、フォリー自体のスケールをもう少し小さくして、ふと気づいたら横にフォリーがあった、くらいに。

チュミは、形態と機能の断絶に傾倒しすぎたのだな。
翻訳者が、あとがきでその本自身を「反面教師として読みとって」ほしいといっているのはおもしろい
http://cruel.org/books/tschumi.html
c0206107_11265976.jpg


ポルザンパルク。のだめの通うコンセルヴァトワールは、ラヴィレット公園の南端にある
Conservatoire National Supérieur de Musique
c0206107_8561951.jpg


外観は、ロンシャンのパロディみたいでこれまでなかなか入る気になれなかったのだが、
中はとても良かった
c0206107_858147.jpg


何が良いかというと、建物内のいろんなところから流れてくる贅沢な生演奏BGM。
ここは、世界有数の音楽教育機関なので、未来の音楽家が練習しているのである。
練習室のドアについている小窓を覗くと、生演奏してくれている。
c0206107_90174.jpg


外観だけではなく、色の使い方や、光の採り入れかたなど、コルビュジエを参照しているような部分が多々感じられた。
c0206107_943287.jpg


光と色は、とても音楽的で、
壁の色が本当にいろいろ変えてあるのに、うるさくなく、とても調和がとれていた。
c0206107_130863.jpg


音楽をわかっているなぁ、という感じ
c0206107_1335172.jpg


その後、東棟の音楽都市へ
c0206107_13111066.jpg


ここが無料というのも凄い。古今東西、さまざまな楽器が展示してあり、
c0206107_1313513.jpg


受付でヘッドホンを受け取り、展示物の番号を押したら、その楽器の音色とともに解説が聞ける
c0206107_13181344.jpg


いつもは音声ガイドを借りることは無いけれど、こういう展示ではとても使える
c0206107_13194294.jpg


その後、ペローの図書館のそばにあるMK2で映画を観た
スパイク・ジョーンズの「かいじゅうたちのいるところ」仏題は「Max et les maximonstres」
英語では「Where the Wild Things Are」
モーリス・センダックのベストセラー絵本が原作
一冊の短い絵本を、1時間40分の映画にするのはとても難しい作業に違いないが、
この映画はそれに成功していて、世界観も絵本のそれ(というか絵本を読んだ時に得られる想像の世界観)を
下回ることなく、あるいはそれと別物として楽しめる。
かいじゅうが、着ぐるみなのに、着ぐるみ感が出ない光の処理だとか、全く違和感の無い表情のCG処理は上手い。
それから音楽の疾走感もよかった。


[PR]
by atsushiikudome | 2009-12-17 14:35