hibi-paris

南仏旅行

南仏9日間の旅行に行ってきた。

パリ組から、東大のo君、九大のiさん、ラヴィレット正規入学のnさん。これに加えて、
ベルギー組から、東大のs君、千葉大のo君、九大のh君。合計7人。

マルセイユまでTGVで行き、ベルギー組と合流。そこからは全行程レンタカーでの移動。
車はもちろん左ハンドル、マニュアル、右側通行。
ドライバー2人は海外初運転。マニュアルなんて免許とって以来。
9日間で走行距離は2300キロだった。


車でしか行くことのできない秘境ばかりを攻めるという、とてもマニアックなツアーになった。

1日目

06:42 パリ発 Gare de Lyon
朝早すぎて、約一名が乗り遅れるというハプニングが発生。
この旅は、何かが起こる!と、赤く染まった朝日を見ながら変な期待を抱く。
c0206107_129333.jpg


09:57 マルセイユ着
c0206107_1515054.jpg


この日は旅行1日目にして、ル・トロネとユニテ・ダビタシオンというすごい組み合わせの日。
まずはマルセイユの町を見下ろす高台で腹ごしらえ。
c0206107_157425.jpg


ベルギー組がストで足止めをくらったりしたが、無事合流し、さっそくル・トロネLe Thoronetへ。
いわずと知れたシトー派の修道院。ロマネスク。南仏三姉妹のひとつ。
c0206107_233613.jpg


ル・トロネの石は、粗い石、というけれどその「粗い」というのがどういうものなのかを
今回の旅で、実際に訪れて確かめたいというのがあった。
c0206107_212161.jpg


ル・トロネの粗さは、その石の硬さからきていて、加工に困難を要するゆえに、
表面が粗くなっているような粗さだった。
しかし、エッジの部分はとても丁寧に加工されている。
ル・トロネの空気は、面の粗さと、エッジの鋭さによって作られているような気がした。
c0206107_221635.jpg


ル・トロネ修道院は、光の中に踊る、生き物のようだった。
建築の中に光が入ってくるのではなく、
光の中にある、ただそこにあるものに、
光が染み入っていくのを見た。
c0206107_3184146.jpg


その孔を通る光は
そこで一度凝固され
それからまた
別の光として生まれているようだった
c0206107_3525782.jpg


光を飲み込んでは吐き出す作業を繰り返す
c0206107_44284.jpg


回廊へと続く扉
c0206107_4142890.jpg


時間と共に光が変化し、
その移ろいゆく光の中で、建築がかたちを変えているようで
c0206107_4273485.jpg


一度通ったところが、次に来た時には別の空間になっていた
c0206107_444270.jpg


歩けば歩くほどに、新しい空間が広がっていて
c0206107_4495050.jpg


どこまで行っても、静かで優しい光が揺らいでいる巡回廊
c0206107_543897.jpg


三姉妹のうちでも、敷地に最も高低差があるル・トロネは、
階段の操作が本当に上手い。
c0206107_4335868.jpg


光のコントラストは、エッジの鋭さにより生まれていて、
光が染み入るような印象は、面の粗さにより生まれている。
c0206107_655292.jpg


素材が限定され、宗教的装飾もなく、
そこはある種の自然のような場所
c0206107_594382.jpg


中庭に面した回廊は厚さ1400の壁に2連アーチが入り深さを与え、
同時に高低差が浮遊感を与え、
単なる「建物」を越えた場所にしている
c0206107_5125543.jpg


シトー会は貞潔、清貧、服従を守り、
苦行のため寿命は28歳ほどだったという
c0206107_524471.jpg


現代では作れない、空間の力強さがそこにあった
c0206107_535684.jpg


このような建築が今もそこに建っていること
こんな素晴らしいことはない
c0206107_525308.jpg


ル・トロネの閉館時間いっぱいまで居て、
去り難さを覚えながらも
再びマルセイユへ戻り、
ユニテ・ダビタシオンへ。
c0206107_7351215.jpg


ル・トロネを見たあとでのこの建築を評価するのは難しい。
c0206107_73364.jpg


びっくりするくらい廊下が暗い
c0206107_7404586.jpg


運よくメゾネットの部屋と、普通の1層の部屋を見ることができたが、
何か、ひどく窮屈に感じてしまった。

ピロティは立派な駐輪場に。
c0206107_7552174.jpg


共用通路
c0206107_7583275.jpg


そして、なんと屋上は改修工事中で入れず。
c0206107_8103173.jpg


よくある集合住宅と違うのはわかるけれど、
本当に住みよいのか
c0206107_8141919.jpg


マルセイユの中心へ戻り、夜飯はブイヤベース。
o君は前菜に魚のスープを頼み、旨い旨いと言って食べていたのに
メインのブイヤベースが、ほぼ同じスープで少し具が多いだけだったという伝説を残し、
後々まで語り継がれることになる…
[PR]
by atsushiikudome | 2010-04-26 08:30